兵庫県

みょうりゅうじ

妙隆寺挙式プラン

妙隆寺挙式プラン

スタッフのお勧めポイント

◎本堂、花嫁支度室、親族控室は、空調完備
◎本堂の中の天蓋(てんがい)が美しい
◎駐車場完備

プラン料金

コミコミのお得で安心挙式プラン

挙式イメージ
挙式イメージ

衣装(紋付、白無垢又は色打掛)+着付け
+ヘアセット+メイク+アテンド+ご案内係+出張料
+婚礼写真(お二人写し1枚台紙仕上)
(挙式料は含まれておりません)

ご安心で、お得プラン
まずはお見積りをお求めください!
◎プランの打掛は30種類からお選びいただけます
(ご来店時何着でもご試着できます)
◎土日祝でも料金は変わりません

 

洋髪の場合

挙式料+138,000円(税別)

髪飾付き

かつらの場合

挙式料+158,000円(税別)

かつら、かんざし、綿帽子

挙式料

別途

お気軽にお寺にご相談いただけます

その他

この挙式プランに含まれるもの

  • 高級衣装
    高級衣装
  • 着付け
    着付け
  • ヘアセット(洋髪・かつら)
    ヘアセット(洋髪・かつら)
  • メイク
    メイク
  • 花嫁アテンド
    花嫁アテンド
  • ご案内係
    ご案内係
  • ご婚礼写真
    ご婚礼写真
  • 出張料
    出張料

●挙式終了まで、案内スタッフ、美容スタッフが充分お世話いたします。
●打掛は当店自慢の高級西陣織からお選びいただけます。
  白無垢:200,000円相当
  色打掛:300,000円相当(振袖からもお選びいただけます)
●サロンでは、和装を常にご用意しており、ご試着いただけます。
●挙式の申込みから、当日のお世話まですべてお任せください。
 (一部の会場ではお客様が直接申込みになります)

<スタッフからひと言>
当社の挙式プランの表示価格に付いて。
宣伝のためだけの価格設定、話の途中から、次々とプラスされるのは不安ですし、
当日、ご列席者の案内スタッフが付かないようではでは困りますね。
特に案内スタッフは重要です。
当社では、そう言った事も含め、コミコミ価格で表示しております。

オプション

【プランご利用の特典】 列席者衣装が、留袖 20%OFF、振袖 50%OFFとお安くなります。

  • 列席者衣装
    列席者衣装
  • 列席者着付け
    列席者着付け
  • 十二単プラン
    十二単プラン
  • ブライダルグッズ
    ブライダルグッズ
  • 披露宴会場
    披露宴会場
  • ドレス
    ドレス
  • ロケーション撮影
    ロケーション撮影
  • ブーケ、会場装花
    ブーケ、会場装花
  • ブライダルエステ
    ブライダルエステ

妙隆寺

妙隆寺

◎ご由緒・歴史

昭和46年(1971)11月24日創建の日蓮宗寺院です。
(開山:辰巳妙隆)  當山は昭和47年10月30日 身延山八十七世 望月日雄猊下、昭和56年4月26日 身延山八十九世 竹下日康猊下、昭和61年6月8日 身延山九十世 岩間日勇猊下にそれぞれ日蓮宗の総本山である久遠寺の法主猊下より御親教を頂き、日蓮聖人が波乱万丈に満ちた御生涯で最後九ヶ年を過ごされた身延山ともゆかりのあるお寺です。

また、尼崎市内では唯一、岡山に総本宮がある夫婦和合の御威徳あらたかな最上稲荷さまをお祀りしています。

本尊勧請様式は曼荼羅で祖像は説法像。  
身延山八十七世望月日雄猊下 開眼の虚空蔵菩薩、荒行五百日満行 鬼子母神、大黒天神を勧請しております。
(佛師:早川祥雲)  他に三宝荒神(佛師:木村鶴光)、七面大天女、白龍善神、日輪摩利支天、等の御守護神様をお祀りし日夜お給仕申し上げ御功験を頂いております。
 日蓮聖人は上野殿御返事という御妙判には「女人はおとこを財(たから)とし、おとこは女人を命(いのち)とす」とあり、妻は夫を宝物のように大切に思い、夫は妻を命のように大切にする。夫と妻が支えあいお互いを敬っていくことが大切と説かれています。

また、千日尼御返事に「男は柱の如し、女は桁の如し。男は足の如し、女は身の如し。男は羽の如し、女は身の如し。羽と身と別々になりなば、何を以てか飛ぶべき。柱、倒れなば桁、地に堕ちなん。家に男、無ければ人の魂、無きが如し。」とありますように(家屋に譬えていえば)男は柱のようなもので、女は桁(けた)のようなものである。(身体に譬えていえば)男は足のようなもので、女は胴体のようなものである。(鳥に譬えていえば)男は羽根のようなもので、女は身体のようなものである。羽根と身体とが別々になってしまったら、どうして飛ぶことができようか。柱が倒れたら桁は地に落ちて家屋は壊れてしまう。家庭に主人がいないと人から魂が抜けてしまったようなものである。

これらのお手紙の文は、夫婦はお互いに心から信頼し合い助け合うものであるということを教えられたお言葉です。すなわち、妻は主人を宝のように大切に想い、また主人も妻を代え難い命のように考え愛し合っていくのが夫婦であり、この気持ちがなくては長い人生を互いに支え合い、乗り切ることは難しいとお説きになられています。

そして、富木尼御前御書には「矢の走ることは弓の力、雲の行くことは龍の力、夫の力は妻の力なり。」とあり、矢が飛ぶのは弓の力によるものですし、雲が行くのは龍の力によるものです。それと同じで夫の行いは妻の力に依るところが大きいと日蓮聖人はご教示されています。

妙隆寺では夫婦和合の御威徳あらたかな最上稲荷さまに新郎新婦さまの末永い安穏とお幸せを祈念し、厳かに祝福させて頂きます。

毎月朔日には護摩行を修め、荒行堂五百日加行相伝の木剣による祈祷会を行い、檀信徒さま・御信者様にお加持お守りを受けて頂いております。

()

◎アクセス

名称
妙隆寺(みょうりゅうじ)
所在地
兵庫県尼崎市道意町3-4-4
ウェブ
ウェブサイトを見る
このプランのお問い合わせはこちら

今すぐ問い合わせる