大阪府

なかみじんじゃ

奈加美神社結婚式プラン

奈加美神社結婚式プラン

当社ではご本殿にて古式ゆかしく雅やかに結婚式を執り行っております。

近年、「和婚」の神前結婚式が注目を集めております。
当社では従来のご親族のみの挙式はもちろんのこと、多くの方々にご祝福頂けるようご友人にご参列頂くことも可能です。
また平成21年に新築した社務所にて、控室・着付け室をご用意致します。 (奈加美神社)

スタッフからのお勧めポイント

◎慶長15年ご造営の本殿は極彩色の華麗な装飾が施され、大阪府の有形文化財の指定を受けている。
◎雨天の場合、集合写真、お二人写真は神殿内で撮影できます。
◎駐車場完備

プラン料金

コミコミのお得で安心挙式プラン

挙式イメージ
挙式イメージ

挙式料+支度室料+衣装(紋付、白無垢又は色打掛)
+着付け+ヘアセット+メイク+アテンド+ご案内係
+出張料+婚礼写真(お二人写し1ポーズ1枚台紙仕上)

ご安心で、お得プラン
まずはお見積りをお求めください!
◎プランの打掛は30種類からお選びいただけます
(ご来店時何着でもご試着できます)
◎土日祝でも料金は変わりません

洋髪の場合

208,000円(税別)

髪飾付き

かつらの場合

228,000円(税別)

かつら、かんざし、綿帽子

挙式料

含む(50,000円)

※挙式料をすでに納められている場合は挙式料を差し引きます

その他

生雅楽演奏 +30,000円

この挙式プランに含まれるもの

  • 挙式料
    挙式料
  • 高級衣装
    高級衣装
  • 着付け
    着付け
  • ヘアセット(洋髪・かつら)
    ヘアセット(洋髪・かつら)
  • メイク
    メイク
  • 花嫁アテンド
    花嫁アテンド
  • ご案内係
    ご案内係
  • ご婚礼写真
    ご婚礼写真
  • 出張料
    出張料


●挙式終了まで、案内スタッフ、美容スタッフが充分お世話いたします。
●打掛は当店自慢の高級西陣織からお選びいただけます。
  白無垢:200,000円相当
  色打掛:300,000円相当(振袖からもお選びいただけます)
●サロンでは、和装を常にご用意しており、ご試着いただけます。
●挙式の申込みから、当日のお世話まですべてお任せください。
 (一部の会場ではお客様が直接申込みになります)

<スタッフからひと言>
当社の挙式プランの表示価格に付いて。
宣伝のためだけの価格設定、話の途中から、次々とプラスされるのは不安ですし、
当日、ご列席者の案内スタッフが付かないようではでは困りますね。
特に案内スタッフは重要です。
当社では、そう言った事も含め、コミコミ価格で表示しております。

オプション

【プランご利用の特典】 列席者衣装が、留袖 20%OFF、振袖 50%OFFとお安くなります。

  • 列席者衣装
    列席者衣装
  • 列席者着付け
    列席者着付け
  • 十二単プラン
    十二単プラン
  • ブライダルグッズ
    ブライダルグッズ
  • 披露宴会場
    披露宴会場
  • ドレス
    ドレス
  • ロケーション撮影
    ロケーション撮影
  • ブーケ、会場装花
    ブーケ、会場装花
  • ブライダルエステ
    ブライダルエステ

奈加美神社

奈加美神社

◎ご由緒・歴史

奈加美神社の創建は、平安時代にかかるものとされていますが、それを詳らかにするものは残されておりません。
旧社は大宮神社と称されておりました。平松家、藤田家の古文書によれば、宝治2年(1248)にはすでに大宮神社は分社をなし、佐野・大武家村に大引欠神社を有していたとあり、その後も分霊分社が続き、室町期文明2年(1470)には、近郷七ヶ村に及ぶ七座七社の惣鎮守社として、村人の崇敬を一手に集め、宏壮深遠な神域をもつ名実とも大宮であったとされています。「今に大宮様七膳づつすはるや」と、七座の神饌を献ずる習わしは分社の由縁によるもので、明治の神社合祀まで続けられました。
湊の教蓮寺古文書に依れば、大宮神社は紀州根来寺の触下にあり社領三千石を有し、大宮大明神、または大宮庵とも称され、神仏習合の時代には真言宗の社僧が祭祀にあたったことが記されています。
天正5年(1577)の織田信長の根来攻めの際、当大宮神社も悉く焼き払われ、この戦災後、慶長15年(1610)8月、ときの代官・新川宮内大輔、沙門松室坊賴真法師等が焼廃した神社の再建にあたり、現位置に社殿が造営されました。
明治41年(1908)から翌明治42年(1909)にかけて、中庄・上瓦屋・湊の3村の字々の神社が合祀され和協一致の精神による神社の護持発展を願い、3村の奈(中庄)加(上瓦屋)美(湊)の頭仮名文字を綴合せて、万葉仮名の響きも美しく「奈加美神社」と称されることとなりました。

(奈加美神社オフィシャルサイトから)

◎アクセス

名称
奈加美神社(なかみじんじゃ)
所在地
泉佐野市中庄834番地
ウェブ
ウェブサイトを見る
このプランのお問い合わせはこちら

今すぐ問い合わせる